無痛治療にある特徴

歯科の無痛治療の特徴

歯科には無痛の治療もある

歯科の治療といえば痛みがあるから嫌だと感じる人は多いです。しかし、近年は無痛で治療を行なう病院が増えています。よく虫歯の治療をしたくても痛みが嫌で酷くなるまで放置する人もいますが、この場合でも痛くない虫歯の治療もあります。虫歯の治療前の麻酔注射が苦手だと感じる人は多いですが、歯科の無痛治療の特徴は細い麻酔針を使って患者が殆ど痛みを感じないように心がけていて、場合によっては歯茎に麻酔薬を塗ることで注射の痛みを軽くする表面麻酔を行ったりします。歯科の治療は早く受けることで期間も短くできるので、痛みなどが酷くなる前に定期健診なども受けたほうが良いです。麻酔にも色々あって、笑気鎮静法は治療に対する不安感や恐怖感を和らげてくれますが全身麻酔とは異なります。リラックスして歯科の診療を受けることが可能です。ガスはやや甘い匂いで、お酒に酔うような感じですが診療後には酸素で覚醒できるので心配ありません。子供から高血圧などの疾患があっても使えて健康保険も適応されます。無痛治療の主な特徴は表面麻酔を麻酔を打つ部分に塗ってから麻酔の針を挿入します。表面麻酔の効果で針を刺すときの痛みを防げます。また、麻酔薬が冷たいと体内との温度差で体が驚いて麻酔の液体が入ってきたと感じてしまい、それを痛みとして捉えるため麻酔薬を適温に温めています。他にも歯科の無痛治療の特徴として、最も細いサイズの注射針を使ったり、コンピュータで注入速度と圧力を制御できる電動麻酔注射器を使って麻酔液が入るときの痛みをほぼ取り除いてくれます。

↑PAGE TOP

Menu